南越消防組合

消防日記: 体験学習会を実施しました!【南越前町少年消防クラブ(南消防署)】

« 南越前町の中学生が職場体験をしました。 | メイン | 越前市自警消防隊連合会 第14回夏季合同訓練が開催されました【中・東消防署】 »

2019年8月13日 (火)

体験学習会を実施しました!【南越前町少年消防クラブ(南消防署)】

 8月6日、7日の両日、南消防署において毎年恒例の南越前町少年消防クラブ「体験学習会」を実施しました!

 このイベントは、南越前町内全小学校の少年消防クラブ員(6年生)が様々な消防・防災体験をとおして、火災予防や防災に関する知識、身を守る行動及び命の大切さを学ぶとともに、クラブ員相互の親睦を図るものです。

 昨年に負けず劣らずの強烈な日差しの中、2日間合計79名のクラブ員が頭と体をフルに動かし様々な体験に臨みました!

バケツリレー消火体験

Rimg1159_3

Dscf4992_2

Baketu2_5_2

班ごとに列を作り、声を合わせて、バケツで水槽から水を汲み、手渡しで火元まで送り・・・消火!

猛暑に負けないクラブ員達の必死の水しぶきが舞いました!

放水体験

Rimg1214_2

Dscf5146_2

Photo_2

消防隊が使用するホースと放水器具で実際に放水を体験!

放水時の反動力や水でパンパンに張ったホースの硬さや重さなど、言葉ではなかなか伝わらない❝本物❞に触れて初めてわかったことがたくさんあったのでは!?

 119番通報体験&初期消火体験

Dscf5089

Dscf5052

Rimg1214_3

119番通報装置で実際の通報と同じような問答を体験!焦ると自宅の住所も出てこない・・・。

これまでに何度も習った消火器の使用も今一度復習!

 煙体験&空気呼吸器着装体験

Dscf5052_2

Dscf5052_3_2

Dscf5015_2

実際に消防隊が火災現場で使用する空気呼吸器を着装し、その重さにみんなびっくり!実際に面体を着装し、空気が吸えることも確認しました!

煙が充満したテント内では方向感覚を失い大絶叫!壁を伝ってなんとか生還・・・。タオルを忘れて悶絶・・・。煙の怖さを知りました。

希望者は空気呼吸器を背負ったままテント内に進入!

 地震体験

Dscf5015_3

Dscf5041

Dscf5036

震車に搭乗し、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)クラスの揺れを疑似体験!

発災当時、多くのクラブ員達がまだ4歳前後。そんなクラブ員にとっては、社会の教科書や平成を振り返るニュースで見ただけのどこか実感のない❝他人事❞。今回、疑似体験で大きな揺れを実際に体験したことで、改めてとてつもない地震だったことを実感しました。

 心肺蘇生法体験

Dscf5024

Dscf5134_2

Dscf5132_2_3

正しい心臓マッサージの方法とAEDの使い方を学びました!

以前にも学習したことのあるクラブ員が多く、指導にあたった救急救命士も絶賛!目の前の訓練人形は、クラブ員にとって大切な人。その大切な人の命を救い、救急隊・病院につなぐため、「強く、速く、絶え間なく」をしっかり実践できるようになりました!

体験後、東日本大震災時に緊急消防援助隊として現地に派遣された職員の話を聞きました。

また、防火デザイン(訓練用標的)を作成し、防火・防災意識をさらに深めました。

Rimg1220_5

Rimg1232_2_3

Rimg1289_2

この夏休みの貴重な体験が、クラブ員の今後に役立つことを願っていますとクラブ顧問(南消防署長)から講評があり、体験学習会を終了しました。