南越消防組合

消防日記: 文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【池田分署】

« 第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。(中消防署・越前市消防団) | メイン | 第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【南消防署・南越前消防団】 »

2018年1月25日 (木)

文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【池田分署】

 平成30年1月21日(日曜日)午前9時から文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

 訓練は、池田町西角間に建立されている八幡神社から火災が発生し、建物内に安置されている池田町指定の文化財の搬出に向かった住民が取り残されているとの想定で行われました。

 池田分署から、職員6名と消防ポンプ自動車1台、池田消防団から団長以下14名の団員と消防ポンプ自動車1台、角間三区自警消防隊から隊長以下10名と小型ポンプ1台が出場しました。消防署と消防団、自警消防隊が合同で訓練することは年に数回しかありませんが、火災を発生させない、発生したならば住民の生命、身体及び財産を火災から守るという崇高な使命感のもと、連携して大変有意義な訓練になりました。

Photo      区長による119番通報訓練の様子

Photo_2       住民による初期消火訓練の様子

Photo_3        消防団による放水訓練の様子

Photo_4         西角間区長あいさつ

Photo_5        消防団長による訓練講評

 昭和24年1月26日に、奈良県の法隆寺金堂で火災が発生し、世界的な至宝といわれた金堂壁画が焼損したことから、火災から文化財を守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的として、1月26日を「文化財防火デー」と定め、全国の消防署で消防訓練や立入検査等が行われています。