南越消防組合

消防日記: 大掃除で火災予防対策!!

« 日本消防協会から防災活動車が寄贈されました | メイン | 平成29年度 越前市消防団年末特別警戒実施に伴う管理者、越前市議会議長激励式を実施 »

2017年12月19日 (火)

大掃除で火災予防対策!!

早いものであと残りわずかで今年も終わろうとしています。

年末といえば、大掃除!

今回は、大掃除でできる火災予防対策についてみていきたいと思います。

火災の出火原因の主な原因として、「電気」「コンロ」「たばこ」「放火」の4つがあげられます。

その他にも様々な原因がありますが、今回はこの4つに絞ってみていきましょう!


「電気関係」

プラグをコンセントに長期間さしたままにしていると、ほこりや湿気がたまりトラッキング現象(コンセントとプラグの隙間にほこりがたまり、そのほこりが空気中の湿気を吸収することで通電し発火する現象)を起こしやすくなります。

→プラグを抜いて乾いたものでほこりを取り除きましょう。

→たこ足配線を行っていないか確認しましょう。

「コンロ関係」

グリルを掃除せずに使用していたため、グリルに付着した油汚れに着火したり、コンロ周りにあった可燃物に着火したりします。

→グリルの中はしっかり掃除し、汚れを取り除きましょう。

→コンロ周りには可燃物を置かず、常に整理整頓を心掛けましょう。

「たばこ関係」

灰皿にたまっていた吸い殻をそのままゴミ箱に捨てると、まだ熱を持っているたばこから可燃物に着火します。他にも、たばこを吸っている最中に火種がカーペットの上に落ち、そこから延焼する恐れもあります。

→灰皿にたまった吸い殻は、水をかけ、火種が残っていないことを確認してから捨てましょう。

→カーペットやカーテンなどは、延焼防止のために防炎品にしましょう。

「放火関係」

家の周りに置いてある可燃物や危険物に火をつけられる恐れがあります。

→放火の元になる家の周りのゴミや可燃物を取り除き、危険物も人の目に触れないところに置きましょう。


上記に記載したものは、みなさんのちょっとした心がけ一つで防げる火災です。

この年末の大掃除の機会に防げる火災を防ぎましょう!!

35_syota_2