南越消防組合

消防日記: 消防無線通信訓練を実施しました

« 消防音楽隊が第19回「県民の消防士」を受賞しました | メイン | 平成29年度第1回警防活動技術錬成会を実施しました。 »

2017年11月22日 (水)

消防無線通信訓練を実施しました

南越消防組合では11月20日と21日の2日間、可搬型衛星地球局(VSAT)装置と可搬アンテナポールの無線通信訓練を実施しました。

【可搬型衛星地球局(VSAT)装置】

この装置は、人工衛星を介して通信を行うことで災害時に直接電波が届かない場所からでも消防本部と通信を可能にする無線機です。
緊急消防援助隊の装備品にもなっており、被災地の状況や消防隊活動の連絡を映像や音声で消防本部に行うことができます。

20171121_102017_2

  • 平面アンテナで人工衛星と電波のやりとりを行います。ビデオカメラで撮影した映像も通信可能です。

20171121_095548

  • ビデオカメラの映像はパソコンで処理し人工衛星に送ります。

20171121_095254_2

  • 衛星電話や衛星FAXの利用も可能です。

【可搬アンテナポール】

このアンテナポールは持ち運び可能です。災害現場で無線の電波が弱い場合に設置し、通信を行えるようにします。

20171121_101800

  • アンテナを高く設置することで電波を遠くに飛ばすと共に、弱い電波でも受信できるようにします。

20171121_093055

  • 無線感度が高いアンテナを利用します。

南越消防組合では災害時の通信を円滑に行うため、定期的に通信訓練を実施しています。