南越消防組合

消防日記: 「救急の日」及び「救急医療週間」の行事を開催しました。

« 第12回越前市自衛消防隊連絡協議会消防操法大会が開催されました | メイン | 救命ボート運用訓練を実施しました【南消防署・河野分署】 »

2017年9月 8日 (金)

「救急の日」及び「救急医療週間」の行事を開催しました。

 南越消防組合では、平成29年9月3日(日)エスカモール武生楽市さんの2階 木の広場をお借りして、救急車が到着するまでの空白時間をなくすための応急手当普及啓発及び口頭指導の重要性について、地域住民に理解を深めていただくことを目的に「救急の日2017」を開催しました。

 当日は、職員による「口頭指導がつなぐ、いのちのリレー」と題し、ご来場された方々に分かりやすく寸劇を披露したほか、女性消防団の越前市消防団 式部さくら分団による救急車適正利用の広報活動を実施し、大変有意義なイベントとなりました。

P9030027

P9030029

P9030035

P9030040

 厚生労働省と総務省消防庁は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深めるとともに、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、毎年9月9日を「救急の日」、救急の日を含む一週間を「救急医療週間」と定めています。

 救急車の出場件数が増加している中、搬送された方の約半数が入院を要しない軽症で、緊急性が低いと思われる傷病者が増加したことにより、救急隊の現場までの到着時間が遅くなっています。

 救急車や救急医療は、限りある資源です。上手に利用していただき、皆さんが救急医療を安心して利用することができる社会にしていきたいと思っております。