南越消防組合

消防日記: 文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【池田分署】

« 第63回文化財防火デーに伴う立入検査、消防訓練及び広報活動を実施しました。【南消防署、河野分署・南越前消防団】 | メイン | 第63回文化財防火デーに伴う警防訓練を実施しました【東消防署・越前市消防団】 »

2017年1月23日 (月)

文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【池田分署】

 平成29年1月22日(日曜日)午前9時から文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

訓練は、池田町松ヶ谷区に建立されている「神明神社」から火災が発生し、内部に町指定の文化財が残されており、文化財の搬出に向かった住民が取り残されているとの想定で行われました。

池田分署から、分署長以下6名の職員と消防ポンプ自動車1台、池田消防団から団長以下14名の団員と消防ポンプ自動車1台、松ヶ谷自警消防隊から隊長以下5名と小型ポンプ1台が出場し、さらに初期消火担当として付近民10名が参加しました。

Dscf1870 住民による初期消火

Dscf1879 要救助者の救出及び文化財の搬出

Dscf1883 消防団による消火訓練

Dscf1873 自警消防隊による消火訓練

Dscf1886 訓練終了後の式典の様子

Dscf1887

池田町教育長あいさつ

Dscf1890_2 松ヶ谷区長あいさつ

Dscf1894_2 団長講評

*昭和24年1月26日に、奈良県の法隆寺金堂で火災が発生し、世界的な至宝といわれた金堂壁画が焼損したことから、火災から文化財を守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的として、1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財における防火運動を全国で展開しています。