南越消防組合

消防日記

  • 国体に向けたテロ対応訓練を実施しました(警防課・中消防署)

    平成30年9月12日にAW-Iスポーツアリーナにて、越前警察署と合同で「福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会」に向けたテロ対応訓練を実施しました。

    会場においてテロ事案が発生したとの想定で救助、不審物の拡散防止、負傷者の収容までの一連の流れの訓練を行い、関係機関との連携を確認しました。

    P9120421_3

    不審者情報による越前警察署の事情聴取

    P9120422_2

    不審物を発見したスタッフが倒れ、救助事案が発生

    P9120426

    通報を受けた救助隊・消防隊が現場に到着

    P9120432

    救助隊が化学防護服を着装し、除染を行いながら侵入

    P9120438

    負傷者に接触、不審物の発見

    P9120447_2

    救助隊による負傷者の搬送

    P9120452_2

    救助隊から引き継いだ負傷者を消防隊が屋外搬送

    P9120453

    P9120455

    警察による被疑者確保

    P9120458

    訓練終了 越前警察署長あいさつ

  • 第47回全国消防救助技術大会出場にあたり管理者報告会を行いました(警防課)

     来る、8月24日金曜日に京都市消防活動総合センターで開催される、第47回全国消防救助技術大会への出場にあたり、南越消防組合管理者である越前市の奈良俊幸市長に出場報告を行いました。全国大会に出場する、笠島崇裕消防副士長、山崎将幸消防士の2名は、去る、6月27日水曜日に福井県消防学校で開催された、第44回福井県消防救助技術大会「ロープ応用登はん」の部で優勝し全国大会への出場権を獲得しました。
     奈良市長からは「日々の訓練の成果を発揮し、頑張ってきたください」と激励を受けました。

    Dscn3618

  • 第13回越前市自警消防隊連合会 夏季合同訓練が開催されました【中・東消防署】

     平成30年8月19日(日)午前7時00分から越前市矢船町武生青果㈱前駐車場において第13回越前市自警消防隊連合会夏季合同訓練が開催されました。69隊43チームが小型ポンプ操法(B級・C級・D級)、消火栓応用操法の各部門にエントリーし、タイムや規律、正確さなどを競いました。市内の自警隊510名が参加し、安全・確実・迅速に実施することで活気ある大会になりました。

    【結果】

    ポンプ操法B級の部(出場隊 8隊)

     優勝 相木町自警消防隊

     次勝 文京二丁目自警消防隊

     3位 中平吹町自警消防隊

     優良隊 家久町自警消防隊

    ポンプ操法C級の部(出場隊 27隊)

     優勝 定友町自警消防隊

     次勝 亥 自警消防隊

     3位 中津山町自警消防隊

     優良隊 池泉町・富士見ヶ丘・マインドタウン・杉尾町・本多一丁目

         野岡町・西庄境町自警消防隊

    ポンプ操法D級の部(出場隊 2隊)

     優勝 味真野地区女性自警消防隊

     次勝 上黒川町女性自警消防隊

    消火栓操法(男性)の部(出場隊 6隊)

     優勝 文京一丁目自警消防隊

     次勝 中野町自警消防隊

     3位 文京二丁目自警消防隊

     優良隊 下太田町自警消防隊

     ≪隊員整列≫

    Dscn3463

    ≪操法の様子≫

    Dscn3518

    Dscn3532

    Dscn3556

    ≪表彰式の様子≫
    Dscn3577

  • 体験学習会を実施しました!!【南越前町少年消防クラブ(南署)トピックス】

     去る8月7日、8日の両日、南消防署において南越前町少年消防クラブの「体験学習会」を実施しました!

     このイベントは、南越前町内4小学校の少年消防クラブ員(6年生)が様々な体験を通して、火災予防や防災に関する知識、身を守る行動及び命の大切さを学ぶとともに、クラブ員相互の親睦を図るものです。

     まだまだ続く酷暑に負けず、2日間合計89名のクラブ員が頭と体をフルに動かし様々な防災体験に臨みました!

    -

     バケツリレー消火体験

    Dscf0382_3

    Dscf0588_5

    Dscf0411_3

    列を作り、声を合わせて、バケツで水槽から水を汲み、手渡しで火元まで送り・・・消火!

    今年の酷暑に負けないクラブ員達の必死の水しぶきが舞いました!

    /

     放水体験

    Dscf0524_2

    Dscf0534_4

    Dscf0633_4

    実際に消防隊が使用するホースと放水器具で放水!今年は少量の水を噴霧状に放射して消火する放水器具『フォグガン』を使用!

    放水時の反動力や水でパンパンに張ったホースの硬さや重さなど、言葉ではなかなか伝わらない❝本物❞に触れて初めてわかったことがたくさん!

    /

    119番通報体験&初期消火体験

    Dscf0603_2

    Dscf0476_3

    Dscf0500_3

    119番通報装置で実際の通報と同じような問答を体験!焦ると自宅の住所も出てこない・・・。

    水消火器を使用して、これまでに何度も習った消火器の使用を方法も再度復習!

    /

    煙体験&空気呼吸器着装体験

    Dscf0477_2

    Dscf0620_2

    Dscf0447

    実際に消防隊が火災現場で使用する空気呼吸器を着装し、その重さにみんなびっくり!実際に面体を着装し、空気が吸えることも確認しました!

    煙が充満したテント内では方向感覚を失い大絶叫!壁を伝ってなんとか生還・・・。希望者は空気呼吸器を背負ったままテント内に進入!

    /

    地震体験

    Dscf0619

    Dscf0484

    Dscf0443

    起震車に搭乗し、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を疑似体験!

    発災当時、まだ小学校入学前だったクラブ員達にとってはほとんど記憶にない大きな揺れに、改めてとてつもない地震だったことを実感しました。

    /

    心肺蘇生法体験

    Dscf0512_2

    Dscf0639_2

    Dscf0465_3

    正しい心臓マッサージの方法を学びました!

    以前にも学習したことのあるクラブ員が多く、指導にあたった救急救命士も絶賛!目の前の訓練人形は、クラブ員にとって大切な人。その大切な人の命を救い、救急隊・病院につなぐため、「強く、速く、絶え間なく」をしっかり実践できるようになりました!

    /

    /

    体験後、東日本大震災時に緊急消防援助隊として現地に派遣された職員の話を聞きました。(2日目は救急出場等の為、省略)

    また、防火デザイン(訓練用標的)を作成し、防火・防災意識をさらに深めて、この体験学習会を終了しました。

    Dscf0550

    Dscf0654

    Dscf0647

    /

    この夏休みの貴重な体験が、クラブ員の今後に役立ちますように。

  • 福井県防災航空隊との合同訓練を実施しました

    平成30年8月6日(月曜日)に南越前町南条総合運動公園において毎年行っている福井県防災航空隊との合同訓練を実施しました。

    この訓練は主に山間部で負傷した傷病者を消防隊と航空隊が協力し、安全、確実、迅速に救助をすることを目的としており、若手職員を中心に航空隊所有資器材の取扱い訓練、ヘリの誘導訓練、救急・救助活動における支援等、活動手順を確認しながら訓練を実施しました。

    【サエルバックを使用した救助訓練】

    Dscf0358_5

    Dscf0359_6

    【バーティカルストレッチャーを使用した救助訓練】

    Dscf0361_2

    Dscf0362_2

    【傷病者の引継ぎ訓練】

    Dscf0363

  • 南越前町の中学生が職場体験をしました。

     7月30日(月)から8月3日(金)までの内4日間、南条中学校と今庄中学校の2年生4名が、南消防署において職場体験を実施しました。連日暑い中、基本的な訓練や様々な業務について学び、実際に体験することにより、仕事の厳しさを身を持って体験しました。

    Dscf0196

    Dscf0209_2

    【火災防ぎょ訓練】

    *ホース延長や放水体験等、基本的な訓練を実施しました。

     

     

    Dscf0302

    Dscf0311

    【普通救命講習】

    *住民でも行える、心肺蘇生法、AEDの使用方法について、マスターしました。

     

     

    Dscf0331

    Dscf0344_2

    【救助訓練】

    *ロープを使い自分の腕力で建物3階(7m)まで登ったり、いろいろな体勢でロープ渡りをする訓練を実施しました。

  • ~平成30年度 危険物取扱者試験準備講習会の案内~

    危険物取扱者試験のための準備講習会を下記のとおり開催しますので、受験予定の方はぜひご参加ください。

    たくさんの方の受講をお待ちしております。

                       記

    1 開催日時

      平成30年9月26日(水) 午前8時30分~午後5時15分

    2 開催場所

      越前市千福町126番地 南越消防組合消防本部 4階 消防防災ホール

    3 講習対象者

      乙種4類受験者(丙種受験も可)               

    19_cap_5

    4 講習科目及び時間

     (1)危険物に関する法令                3時間30分

     (2)基礎的な物理学及び基礎的な化学          2時間00分

     (3)危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法   2時間05分

    5 受験料

      南越地区危険物安全協会  会 員  2,000円

                   非会員  4,000円 (※当組合管内以外の方でも受講可能です!)

    6 講習用テキスト代

      「危険物取扱必携 法令編」     1,340円

      「危険物取扱必携 実務編」     1,340円

      「危険物取扱者試験例題集」     1,660円

      (テキストのみの購入も受付けておりますので在庫があるかお問合せください!)

    7 申込み方法

      申請書に必要事項を記入し、消防本部予防課または最寄りの消防署まで受験料及びテキスト代金を添えてお申込みください。

      平成30年度危険物取扱者試験準備講習申請書(PDF)

    8 受付期間

      平成30年8月27日(月)~9月25日(火)まで

    ※お問合せ先

     南越消防組合消防本部 予防課 21-8865(直通)

  • 第67回福井県消防操法大会が開催されました。

     7月21日(土)福井県消防学校において、第67回福井県消防操法大会が開催されました。

     この大会は、福井県下の消防団員による消防操法技術の向上と士気の高揚を図り、消防活動の発展に寄与することを目的としており、「ポンプ車操法の部」と「小型ポンプ操法の部」の2種目で操作の確実性やタイム等で競い合います。

     当消防組合からは、ポンプ車操法の部に越前市消防団服間分団、小型ポンプ操法の部に越前市消防団神山分団が出場しました。

     当日は、炎天下の中、応援に駆け付けた消防団員や家族に見守られ、出場した団員は、長期間にわたる厳しい訓練の成果を十分に発揮され、惜しくも上位入賞は逃したものの、素晴らしい操法を披露してくれました。

     また、大会会場では、当消防組合の管理者である奈良越前市長より激励のことばをいただきました。

    P1190507

    P1190393

    開会式

    Imgp1407

    選手宣誓

    P1190436_2

    奈良管理者より激励のことばをいただきました。

    P7210133_2


    Imgp1414

    「ポンプ車操法の部」に出場した越前市消防団服間分団

    P1190465

    Imgp1421

    P7210157

    Imgp1446

    「小型ポンプ操法の部」に出場した越前市消防団神山分団

    Imgp1451

    P7210164

    P7210166

    P7210171

    訓練終了報告

  • 救命ボート運用訓練を実施しました【南消防署・河野分署】

     平成30年7月17日(火曜日)と18日(水曜日)の2日間、南越前町八乙女頭首工付近の日野川において、南消防署員及び河野分署員による救命ボート運用訓練を実施しました。

     この訓練では、出場から現場までの一連の流れを想定した出場訓練(搬送訓練)、訓練現場にて救命ボートの構造及び運用方法を熟知する運用訓練、油流出事故を想定したオイルフェンス設定訓練及び対岸へ資器材を渡すための救命索発射銃取り扱い訓練を実施し、迅速的確な救助活動が出来るよう技術の向上を図りました。

     

    救命ボート運用訓練

    34

     

    オイルフェンス設定訓練

    5 6

     

    救命索発射銃取り扱い訓練

    7

      8

  • 平成30年度南越前町自警消防隊連絡協議会消防操法大会が開催されました。

     平成30年7月1日(日曜日)午前7時30分から今庄中部地区農業集落排水処理施設前広場において南越前町自警消防隊連絡協議会消防操法大会が開催されました。

    ≪大会長あいさつ≫

    (南越前町自警消防隊連絡協議会 川崎会長)

    L

     はじめに、優良隊(火災の予防警戒及び災害現場において、顕著な成績を収めた自警消防隊)及び優良隊員(永年にわたり自警消防隊業務に精通し、特に成績優秀なる者)表彰が行われました。

    【優良隊・優良隊員表彰】

    優良隊表彰  小倉谷自警消防隊

           社谷自警消防隊

    優良隊員表彰 阿久和自警消防隊 赤澤隊員

    ≪南越前消防団山海里分団消火栓操法展示≫

    今年は南越前消防団山海里分団による消火栓操法展示を行いました。

    D

    E

     その後、11隊15チームの合計92名が小型ポンプ操法及び消火栓操法を実施し、ホースを延長して標的に放水し、標的が倒れるまでの時間と動作の正確さを競い合いました。

     

    ≪小型ポンプ操法≫

    B

    Photo_10

    Photo_11

    C


    ≪消火栓操法≫

    K

    J

    ≪表彰式≫

    F

     どのチームも日頃の訓練の成果を発揮し、その勇姿に会場からは惜しみない拍手が送られました。

    【結果】

    〈小型ポンプ操法の部〉

    優勝  大道自警消防隊Aチーム

    次勝  大道自警消防隊Bチーム

    3位  桜町自警消防隊Aチーム

    優秀賞 鋳物師自警消防隊Aチーム、桜町自警消防隊Bチーム、阿久和自警消防隊

    ※消火栓操法の部では、順位等は関係ありません。

  • 平成30年度越前市消防団 夏季消防訓練【水防訓練】を実施しました。

     南越消防組合越前市消防団は、平成30年6月24日(日曜日)午前9時00分から、越前市村国一丁目の日野川右岸河川緑地公園一帯において水防訓練を実施しました。

     この訓練は、梅雨時期の大雨等における水災害での被害を最小限にくい止めるために、水防管理団体である越前市をはじめ、関係機関及び協力団体と密接な連携を保ち、消防団員の水防技術の習得と知識、技能の向上を図ることを目的に行われました。

     訓練初期段階では、大雨による日野川の増水により「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されたとの想定で、地域住民に対し地元自主防災組織による避難広報を行ったあと、住宅への水の浸入を防ぐため、家庭内にあるビニール袋やプランター等を使用しての簡易水防工法を行いました。

     訓練中盤では、さらに増水した日野川が氾濫するおそれが出てきたとの想定により、消防団員が土のうを作成し、「積み土のう工法」及び「改良積み土のう工法」を行いました。その後、一段と勢いを増してきた日野川の流れにより堤防が崩壊してきているとの想定で、「シート張り工法」を行いました。

     訓練終盤には、越前市が越前市建設業会と締結している協定に基づき、越前市建設業会に加盟する「田中建設株式会社」、「中日本土木株式会社」、「谷口建設株式会社」、「南越建設工業株式会社」、「山田土木株式会社」の合計5社の協力を得て、越前市と連携をとりながら、大型土嚢積層工法を実施しました。

    P1190035【地元自主防災組織と越前市職員による簡易水防工法訓練】

    P1190058【訓練全体図】

    P1190045

    【土のう作成訓練】

    P1190083【積み土のう工法訓練】

    P1190091【改良積み土のう工法訓練】

    P1190122【シート張り工法訓練】

    P1190131【越前市建設業会による大型土のう積層工法訓練】

    P1190059       

    【越前市消防団活性化推進委員会強化部及び式部さくら分団による給水活動】

  • がんばれ!レスキュー!!

     今日はとても熱い!天気のもと、越前市幼年消防クラブ員312名のみんなが、6月27日の救助大会に出場するレスキュー隊員の応援に中消防署に集まってくれました。

     レスキュー隊員のいろんな訓練を見て、まるで忍者のような素早い動きや、その力強さに目をまるくしていました。

     クラブ員も隊員に負けず、「がんばれ~!がんばれ~!!」と大きなエールを送っていました。

     みんなのおかげで、隊員たちも、いつもより上手にできました!

    11_2

    4

    3_4

    2_4

     救助訓練の応援のあとは、恒例の消防庁舎、消防車の見学もしました。いつもは遠い存在の消防車や救急車を間近で見て、触れて、大興奮でした。

    7_2

    6_2

    8_2 

     今日は、「クラブいんのおしごとスタンプラリー」も2つクリアできました。みんな、がんばりました!楽しかったね!

    9_3

    10

  • 第44回福井県消防救助技術大会出場に伴う南越消防組合管理者・組合議長激励会を開催しました【警防課】

     6月27日(水曜日)に福井県消防学校で開催される、第44回福井県消防救助技術大会を前に、南越消防組合管理者・組合議長激励会を開催しました。当組合からは、6種目(ロープブリッジ渡過、はしご登はん、ロープ応用登はん、ロープブリッジ救出、引揚救助、障害突破)に隊員24名が出場します。これら24名の隊員は5月8日から訓練を開始し、大会での優勝を目指して訓練を積み重ねて来ました。大会の出場にあたり、南越消防組合管理者(越前市長)南越消防組合議会議長(越前市議会議長)に対し救助訓練の成果を披露し、訓練終了後には、管理者より「大会では日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮し、優秀な成績を収めるよう頑張ってください。」と訓示を受けました。また、越前市内の園児等312名が訓練見学に訪れ「ガンバレー」と大きな声援を送ってくれました。

    【訓練開始報告】

    Dscn2639

    【ロープブリッジ渡過】

    P6220044_2


    【はしご登はん】

    P6220047

    P6220045

    【ロープ応用登はん】

    Dscn2657

    Dscn2658

    【ロープブリッジ救出】

    P6220051

    Dscn2656

    引揚救助

    Dscn2659

    Dscn2662

    【障害突破】

    Dscn2665

    Dscn2672

    【管理者訓示】

    Dscn2674

    【組合議長挨拶】

    Dscn2676

    【救助隊員誓いの言葉】

    Dscn2678

    【応援に来てくれた園児】

    Dscn2638

    P6220077

  • 消防業務協力者表彰を行いました。

     6月21日(木曜日)、5月に越前市内で発生した建物火災において、早期発見と迅速的確な初期消火を実施していただき、火災による被害の軽減に貢献していただいた消防協力者に表彰を行いました。

     ご協力ありがとうございました。

    表彰者

     吉田 茂 さん (福井市在住)

     嵯峨 茂男 さん (越前市在住)

    Yosida

     表彰を受ける吉田さん

    Saga

     表彰を受ける嵯峨さん

  • 「平成29年度消防機器の改良及び開発並びに消防に関する論文」会長賞受賞報告

     一般財団法人全国消防協会が行った「平成29年度消防機器改良及び開発並びに消防に関する論文」機器の部に当組合から出品した作品が会長賞(優賞)を受賞しました。

     5月31日に東京都で表彰式が行われたのを受けて、6月12日(火)に管理者(越前市長)への報告を行いました。

    【受賞者】  消防副士長 宮崎龍

           消防副士長 成田吉希

           消防副士長 髙島宏希

    【受賞作品】「ロック機能付自動巻取り式ストレッチャーベルトの考案について」

     概要

     救急車の患者を乗せ搬送するための器具であるストレッチャーの固定用ベルトについて、スムーズな着脱、傷病者への負担軽減等を図るため、巻取りリール付のベルトに改良するもの。

    P1060270_2

    管理者(越前市長)に受賞報告をする消防長及び受賞職員

    2p1060279_2

    表彰盾を手に右から、成田副士長、宮崎副士長、奈良管理者、髙島副士長

  • 平成30年度越前市消防団初級・中級教育を実施しました。

     平成30年6月10日(日曜日)に、南越消防組合中消防署及び東消防署で越前市消防団初級・中級教育を実施しました。中消防署管轄分団員及び東消防署管轄分団員の計158名が、水害時において円滑な水防活動ができるよう水防工法の知識と技術の習得を目的とした訓練を実施しました。

    003_4  開講式(東消防署)   

    013_2 訓練概要及び水防工法説明 (東消防署)

    083_2土嚢作成(中消防署)

    095_2積み土嚢工法(中消防署) 

    101改良積み土嚢工法(東消防署)

    036_4シート張り工法(東消防署)

    100_2閉講式(中消防署) 


     

  • 危険物安全週間に伴う消防訓練を実施しました!(中署・東署)

     平成30年度危険物安全週間に伴う消防訓練が中署管内(北府二丁目)『日信化学工業株式会社』様の協力のもと実施されました。

     この訓練は、危険物安全週間にあたり、危険物取扱事業所において火災防ぎょ訓練を実施し、当該事業所における自主保安体制の確立及び防火意識の高揚を図ると共に、消防隊と自衛消防隊の連携強化及び火災発生時の迅速な初期消火活動と避難誘導体制の確立を図ることを目的とし、実施されました。


    027
    自衛消防隊による初期消火訓練(日信化学工業株式会社自衛消防隊)

    040 自衛消防隊による初期消火訓練(信越化学工業株式会社自衛消防隊)

    051_2 現場指揮本部設置

    068 耐熱服を着装し消火活動実施

    069屈折車による人命救出

    080 救助袋による避難

    087 式典

    088 日信化学工業株式会社取締役工場長あいさつ

    091 中消防署長講評

  • 普通救命講習会を開催します(平成30年度)

    いつ、どこで突然のけがや病気におそわれるかわかりません。

    そんな時に、すぐにできる手当は「応急手当」です。

    救急車が来るまでの応急手当で、けがや病気の悪化を防ぐことができます。

    突然、心臓や呼吸が止まってしまった・・・こんな時、人の命を救うために、普通救命講習会を開催します。

    30

    講習会は、いずれも9時00分から12時00分までの3時間の予定です。

    詳しくは、お近くの消防署または講習会場にご確認下さい。

    なお、地域・事業所単位での講習会や異物除去法、止血法等のより広い応急手当を学ぶ上級救命講習(8時間)も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 火災が多発しています!注意してください!

    南越消防組合管内では、3月に入り5件の火災が発生し、うち4件の建物火災が発生しています。

    この1か月で建物火災が4件発生した数は、ここ3年間を比較した中で1番多い数となっています。

    火災の原因は様々ですが、いすれの火災も火災警報器による早期発見や消火器での初期消火により幸いにも大きな被害には至りませんでした。

    しかし、これから更に空気が乾燥する季節になります。ちょっとした油断から火災を発生させないよう、下記のことに気を付け、火の取扱いには十分ご注意ください。

    『住宅防火 いのちを守る 7つのポイント』

    【3つの習慣】

    ・寝たばこは絶対やめる

    ・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する

    ・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す

    【4つの対策】

    ・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する

    ・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する

    ・火災が小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する

    ・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

  • 大盛況 ちびっ子フェスティバル

     平成30年5月5日(土)、越前市武生中央公園 だるまちゃん広場において、ちびっ子フェスティバルが開催されました。

     当日はたいへん天気も良く、ゴールデンウィークということもあり、約18,000人というたくさんの来場者で賑わっていました。

     ちびっ子フェスティバルは、越前市と越前市社会福祉協議会が毎年開催しているイベントで、各種団体がブースを出展しており、中消防署と指令情報課、越前市消防団式部さくら分団もイベントブースの1つとして出展しました。

     ブース内容は、水消火器体験や119番通報体験、防火ゲームコーナーのほか、起震車による地震体験、そして毎年大人気のはしご車搭乗体験も実施し、たくさんの来場者に体験していただきました。

     当日の様子がこちらです!

     【水消火器体験】Dsc_1051

     【119番通報体験】Dsc_1002

     【防火ゲームコーナー】Dsc_1043

     【地震体験】Dsc_0992

     【梯子車搭乗体験】Dsc_1018

     消防ブースに来ていただいた皆様、ありがとうございました。

  • 春季火災予防運動が始まりました。

     平成30年3月20日(火曜日)から実施される春季火災予防運動に伴い、中消防署の予防指導課員が越前市内の観光バスの立入検査を実施しました。

     今回の立入検査は、バス16台の消火器や非常警報器具が適正に設置されているか、また非常口から安全に避難ができるか等19項目を検査した結果、不備は認められませんでした。

     また、春先は空気が乾燥し火災が発生しやすい時季となることから、林野火災予防対策の推進も図っています。

     ご協力お願いします。

    1 タバコの投げ捨ては絶対にしない

    2 強風時や乾燥時に焚火、火入れをしない

    3 火を取り扱う時は、事前に消火の準備をし、火の後始末を確実に行う

    Img_2412_s_2(バスの非常口の開閉確認状況)

    Img_2414_s(車両用消火器の点検状況の確認)

  • 春季火災予防運動に伴う消防訓練を実施しました。【池田分署・池田消防団】

     平成30年3月18日(日曜日)池田町野尻地係 池田町地域産業等支援施設「わくラボ」付近一帯にて春季火災予防運動に伴う消防訓練を実施しました。

     本訓練は、春の火災予防運動の一環として、山火事の発生しやすい時期を迎えるにあたり、東消防署池田分署、池田消防団、野尻・柿ケ原・清水谷自警消防隊が一体となり、当該地区の実態に即した消防訓練を実施し、火災防ぎょ技術の錬磨及び地域住民の防火意識の高揚を図ることを目的に行われました。

    Photo【わくラボ 職員による初期消火】

    Photo_3【消防団員・自警消防隊員による放水活動】

     訓練終了後には、南越消防組合副管理者 杉本池田町長告示、池田消防団 山腰団長訓示、池田町議会 佐野議長及び野尻区長からご挨拶をいただきました。

    Photo_4【南越消防組合副管理者 杉本池田町長告示】

    Photo_2【池田消防団 山腰団長訓示】

    Photo 【池田町議会 佐野議長挨拶】

    Photo_5 【野尻区長挨拶】

     池田町には未だ多くの残雪が有りますが、これからの時期、空気が乾燥し火災が発生しやすくなります。ちょっとした油断や、不注意による火災を防ぐなど、火の元には十分注意するよう啓発を行い安全で安心な町づくりに努めます。

  • 春季火災予防運動に伴う消防訓練及び防火広報を実施しました。【南消防署・南越前消防団】

     南越消防組合南消防署及び南越前消防団は、平成30年3月18日(日曜日)午前9時から南越前町糠区 糠自警消防隊ポンプ小屋付近一帯において春季火災予防運動に伴う消防訓練を実施しました。

     訓練は、一般住宅から発生した火災が、折からの風に煽られ付近住宅に延焼拡大したとの想定で行われました。

     区長による通報から始まり、地元住民による初期消火、自警消防隊による小型ポンプを使用した放水が行われました。その後、消防職員及び消防団員による火災防ぎょ訓練を実施しました。

     当日は、参加者全員が実践さながらに訓練を行い、消火技術の向上及び防火意識を高めました。

    Photo_6

    Photo_8



    【初期消火訓練】 【消防隊による放水】

     

    Photo_9

    Photo_10

    【糠区長あいさつ】 【南越前消防団長訓示】

    Photo_15

    【南消防署長講評】

     

     南越前町全域において消防団車による防火パレードを行い火災予防広報を実施、南消防署前では防火茶屋を設け通行車両のドライバーに対し、防火チラシ等を配布し火災予防の一層の普及を図りました。糠区の50世帯に対しては一般家庭の防火訪問を行い、火災予防を呼びかけました。

    Photo_12

    Photo_13

    【防火パレード】 【防火茶屋】

    Photo_16

    【一般家庭の防火訪問】

  • 春季火災予防運動に伴う街頭防火広報を実施しました!【中消防署】

    平成30年3月17日(土曜日)に中消防署員と越前市消防団式部さくら分団員が、越前市武生中央公園だるまちゃん広場周辺及びSIPYにおいて、春季火災予防運動に伴う街頭防火広報を実施しました。

    今回の街頭防火広報では、3月20日~26日の期間で県下一斉に実施される春季火災予防運動についての普及、啓発活動を行い、各施設を訪れた方に、火災予防について呼びかけを実施しました。

    Photo_10

    【SIPYで防火広報を実施しました】

    Photo_11 【子供たちにも火災予防について呼びかけました】

    Photo_12 【越前市武生中央公園だるまちゃん広場周辺で防火広報を実施しました】Photo_13【火災予防にご理解とご協力よろしくお願いします!】

  • 高規格救急自動車受納式を開催しました。

     3月9日(金曜日)10時から、南越消防組合管理者及び南越消防組合議会議長が出席し、消防本部車庫において、高規格救急自動車受納式を開催しました。

     式典では、寄贈元である一般社団法人日本自動車工業会 総務統括部調査役の魚住様から、奈良管理者へ目録の贈呈及び木戸消防長へマスターキーの贈呈をしていただいたほか、奈良管理者から感謝状をお送りしました。

     この高規格救急自動車は、傷病者の振動等を軽減する磁気浮上式防振架台をはじめ、外部ビデオモニターを確認しながら気道確保をおこなうビデオ喉頭鏡など、救急救命士が迅速に救急救命処置を行える資器材を備えています。

     今回、高規格救急車を寄贈していただいた事で、住民の生命、身体を守るために、より一層の救急救命活動の充実を図っていきます。

    Photo

    一般社団法人日本自動車工業会 総務統括部

    魚住調査役より寄贈のことば

    Dsc_9759

    寄贈の目録贈呈

    Photo_2

    マスターキーの贈呈

    Photo_3

    奈良管理者謝辞

    Photo_4

    感謝状の贈呈

    Photo_5

    前田消防組合議会議長祝辞

    Photo_6

    記念撮影



  • 春季火災予防運動に伴う消防訓練を実施しました。(中消防署・東消防署・越前市消防団)

     南越消防組合中消防署、東消防署及び越前市消防団では、平成30年3月11日(日曜日)午前9時00分から、越前市村国三丁目地係 村国公園付近一帯において春季火災予防運動に伴う消防訓練を実施しました。

     本訓練は、昨年2月28日に発生した蓬莱町の大火を教訓に春季火災予防運動行事の一環として、消防職・団員及び自警消防隊員が一体となって実施しました。住宅密集地域における大規模火災を想定した防ぎょ訓練を実施し、連携体制の強化及び地域住民の防火意識の高揚を図ることを目的に行われました。

     当日は、参加者全員が実践さながらに訓練を行い、消火技術の向上及び防火意識を高めました。

    Photo_22

    Photo_23

    【村国三丁目区長による通報訓練】                  【村国三丁目自警消防隊の出場】

    Photo_25

    Photo_27

    【ドレンチャーホースによる放水】             【放水銃による放水】

     

     訓練終了後の式典では、村国三丁目区長からご挨拶をいただき、越前市消防団長による訓示、中消防署長による講評が行われました。

    Photo_36

      Photo_37  Photo_39

    【村国三丁目区長あいさつ】      【越前市消防団長訓示】        【中消防署長講評】

     

     訓練終了後は、消防体験ブースを設営し、訓練参加者に対して消防体験を実施しました。

    Dscn1307

    Dscn1902_5

    【村国三丁目住民の避難訓練①】            【村国三丁目住民の避難訓練②】

    Photo_40

    Photo_41

    【エアーテントを設営し避難人員の確認】        【煙体験】

    Photo_42

    Photo_43

    【消火器取り扱い体験】                【女性消防団員による救急講習】

     今回の訓練では、村国三丁目住民の避難訓練も併せて実施され、多くの住民が参加して防火意識の高揚が図られました。

     これからの時季、空気が乾燥し火災が発生しやすくなります。火の元には十分お気を付け下さい。

  • 春の火災予防運動が始まります!

    3月に入って段々とあたたくなり、春の陽気になってきました。

    暖かい日が続くとうれしくなります。

    しかし!!暖かい日が続くと、空気が乾燥し火災が発生しやすくなります

    春は火災が多くなる季節でもあるのです。

    そんな春の火災を少しでも少なくするために、3月20日~26日までの一週間、県下一斉に春の火災予防運動が実施されます!

    当組合でも、消防訓練や街頭防火広報など様々なイベントを行う予定です。

    【越前市】 街頭防火広報 3月17日(土)10時~11時 SIPY、だるまちゃん広場

    【池田町】 消防訓練   3月18日(日)9時~     池田町地域産業等支援施設

    【南越前町】防火茶屋   3月18日(日)11時半~   南消防署庁舎前

     ※上記記載イベントは実施予定イベントの一部です。

    お時間のある方は、是非遊びにきてください!!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「住宅火災 いのちを守る 7つのポイント」-3つの習慣・4つの対策ー

    >3つの習慣

     寝たばこはやめる

     ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する

     ガスこんろなどのそばを離れるときには、必ず火を消す

    >4つの対策

     逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する

     寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する

     火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する

     お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

    「火の用心 ことばを形に 習慣に」 平成29年度統一防火標語

    H30haru_kasaiyobouposter

  • 住宅用火災警報器を点検しましょう!

    住宅用火災警報器(以下:住警器)の設置が義務付けられてから、早10年

    みなさんのお宅に設置されている住警器は正常に作動するでしょうか?

    実は、住警器の本体の寿命は10年とされています。

    みなさんの命を守るために設置されているはずの住警器ですが、実際に火災が発生したときにならなければ設置されている意味がありません!!

    そこで大切なのは、、住警器を点検することなのです!!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    >どうやって点検するの??

    まず、家に設置されている住警器にボタンが付いているのかひもがついているのか確認してください。

    Photo_6<ボタンタイプ>

    Photo_7<ひもタイプ>

    ボタン付きなら押して、ひも付きなら引っ張っていただくと「正常です」という音声が流れます。(※音声内容は住警器の種類によって異なります。)

    何らかの音声が鳴らない場合は、以下の理由が考えられます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    >点検しても音声が鳴らない場合、どうしたらいいの??

    →設置して10年経っていない場合・・・電池切れの可能性があります。電池交換してください。

    →設置して10年経っている場合 ・・・本体の寿命が切れている可能性があります。本体を新しいものに交換してください。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    >住警器つけてる意味あるの??

    あります!住警器のおかげで火災を早期に発見でき、被害を最小限におさめた事例がたくさんあります。

    事例1:共同住宅で家主がコンロに火をかけたままで外出中に、隣に住んでいたものが住警器の音に気付き119番通報をした。被害は鍋が燃えただけだった。

    事例2:専用住宅で就寝中に隣の部屋から住警器の音がしたので見に行くと、電気配線から火が上がっていたので119番通報をした。壁が1㎡程度焼けただけだった。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    火災はいつ発生するか分りません。

    自分がどんなに気をつけていても発生してしまうことがあります。

    そんなとき、自分の命はもちろん、家族また隣近所の方の命をも守ってくれる住宅用火災警報器。

    設置義務10年経過を機に、あたなも一度ご自宅の住警器を点検してみましょう!

    Title_logo_cs3_s_2

    Torikaeru_b_s

  • 防火地域における防火訪問を実施中です!【中消防署】

     今月の末日で、平成29年2月28日(火曜日)5時30分頃発生した越前市蓬莱町での大火から1年が経過します。

     中消防署では、平成30年2月26日(月曜日)から3月9日(金曜日)の期間で、建築物密集地域がある越前市内の防火地域一帯において、大火を風化させることなく火災予防の重要性を呼びかけることを目的に、防火訪問を実施しています。

     防火訪問では、越前市内の防火地域一帯の各世帯を消防職員が一軒一軒訪問し、火災予防について呼びかけ、防火チラシを配布しています。

    Photo_2
    【防火訪問実施状況です】

    Photo_3

    【玄関先での火災予防啓発実施しています】

    Photo

    【住宅用火災警報器、消火器の維持管理等について説明をしています】

    Photo_2

    【防火診断結果書、防火チラシを配布しています】

    【お問い合わせ先】 南越消防組合中消防署予防指導課  

              電話番号(0778)21-8885

     

  • 平成29年度第2回警防活動技術練成会(救急活動)を実施しました

     平成30年2月2日(金曜日)南越消防組合消防本部 消防防災ホールにおいて警防活動技術練成会(救急活動)を実施しました。訓練隊員には、事前に訓練の内容やシナリオ等を一切与えないブラインド方式とし、本番さながらの緊張感あふれる活動が行われました。

     本練成会では、当消防組合が所属する丹南メディカルコントロール協議会長の島田耕文医師から119番受信時の症状の聞き取り方や救急隊の活動について検証と講評を受け大変有意義な訓練となりました。

     今後も更に実践的な訓練を通じて、指令情報課員及び救急隊員の連携及び資質の向上に努めていきます。

    P2020004  訓練119番通報を受信する指令情報課員

    P2020019_2       救急訓練活動の様子

    P2020036

    P2020058

    P2020042   島田医師による訓練の検証及び評価

    P2020074

           島田医師による講義

  • 消防水利の除雪にご協力をお願いします

    2月5日からの降雪により、積雪が1mを超過しています。消防水利の除雪にご協力をお願いします。 下の写真を参考に周囲50cm程度で結構ですので、自主防災組織の方々は町内の消防水利の除雪にご協力ください。また、住民の方々についてはご自宅周辺の除雪をする際に、近くの消防水利の除雪にご協力をお願いします。併せて、消防水利付近への雪寄せや駐車等を行わないようご協力をお願いします。

    024

    地上式消火栓

    Dullfx3vqaaeeh

    地下式消火栓

    202_josetus05

    防火水槽

    Imgp1379

    採水管

  • 式部さくら分団と中消防署が合同で『防火豆まき』を実施しました。

     平成29年度越前市防火・防災モデル地区である王子保地区内の2園を対象に防火豆まきを実施しました。

     今年は、越前市消防団式部さくら分団と中消防署が合同で企画し、2月1日(木)に愛星保育園、2日(金)に王子保幼稚園で実施しました。

    Dscn1667【鬼の登場に驚く園児たち】

    Dscn1670【火遊びを始める鬼たち】

    Dscn1673【豆をまき、鬼退治をする園児たち】

    Dscn1752【式部さくら分団と一緒に防火の誓いを唱和する園児たち】

    Dscn1698【記念品贈呈】

    Dscn1731【記念撮影 於:愛星保育園】

    Dscn1762_2【記念撮影 於:王子保幼稚園】

     今回の『防火豆まき』を通して、各園の園児たちは火遊びの恐ろしさと火災予防の大切さを学びました。各園の皆様、ご協力ありがとうございました。

  • 越前市消防団『防火豆まき』を実施しました。

     越前市消防団活性化推進委員会強化部では、1月26日(金曜日)に越前市岩本町の認定こども園岡本で、防火豆まきを実施しました。

    Photo【強化部部長 防火の話】

     子どもたちが静かに防火の話を聞いていると、突然恐ろしい鬼が登場します。そして鬼はマッチやライターで火遊びを始めます。

    Photo_2【鬼の登場に驚く子どもたち】

    Photo_3【火遊びを始める鬼たち】

    Photo_4【ファイヤーマンと一緒に豆をまき、鬼と戦う子どもたち】

    Photo_6【退治されて、もう火遊びはしないと誓う鬼たち】

     鬼を退治した後、子どもたちはファイヤーマンと「火遊びは絶対しません」と約束しました。そして、子どもたちの勇気を称えて越前市消防団活性化推進委員会副委員長とファイヤーマンから記念品が贈られました。

    P1160361_2
    【記念品贈呈】

     越前市消防団活性化推進委員会強化部の『防火豆まき』を通じて、子どもたちに火遊びの恐ろしさを実感してもらいました。認定こども園岡本の皆様、ご協力ありがとうございました。

    Photo_8【記念撮影】

  • 第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【南消防署・南越前消防団】

     南越消防組合南消防署及び南越前消防団は、平成30年1月21日(日曜日)午前9時00分から、南越前町下牧谷区の浄福寺において文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

     訓練は、浄福寺本堂内の石油ストーブが転倒し出火したとの想定で行われ、南消防署からは中隊長以下8名、水槽付ポンプ自動車等2台、南越前消防団からは団長以下9名、小型ポンプ積載車1台が出場しました。また、下牧谷区民による水消火器を使用した初期消火訓練や下牧谷自警消防隊による放水を行いました。

     訓練を通じ、消防職員及び消防団員、自警消防隊との連携強化と、地域住民の防火意識及び文化財愛護に関する意識の高揚を図ることができました。

    ※「文化財防火デー」とは、昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂壁画の大半が焼損し、このような火災から文化財を守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、1月26日を「文化財防火デー」と定めて、防火運動を全国で展開しています。

    Dscf6437 Dscf6443

                 浄福寺住職による通報訓練                    区民による水消火器を使用した初期消火訓練

    Dscf6448 Dscf6469

                下牧谷自警消防隊による放水                          消防隊による文化財の搬出1

    Dscf6471 Dscf6473

                     消防隊による文化財の搬出2                             消防隊による放水

    Dscf6465                消防団による放水

     また、訓練終了後は式典が開催され、南越前町教育長、浄福寺住職及び下牧谷区長からご挨拶を頂き、南越前消防団長による訓示が行われました。

    Dscf6497 Dscf6500

                             式典                                               南越前町教育長のご挨拶

    Dscf6501 Dscf6503

                         浄福寺住職のご挨拶                                  下牧谷区長のご挨拶

    Dscf6509               南越前消防団長の訓示

  • 文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました【池田分署】

     平成30年1月21日(日曜日)午前9時から文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

     訓練は、池田町西角間に建立されている八幡神社から火災が発生し、建物内に安置されている池田町指定の文化財の搬出に向かった住民が取り残されているとの想定で行われました。

     池田分署から、職員6名と消防ポンプ自動車1台、池田消防団から団長以下14名の団員と消防ポンプ自動車1台、角間三区自警消防隊から隊長以下10名と小型ポンプ1台が出場しました。消防署と消防団、自警消防隊が合同で訓練することは年に数回しかありませんが、火災を発生させない、発生したならば住民の生命、身体及び財産を火災から守るという崇高な使命感のもと、連携して大変有意義な訓練になりました。

    Photo      区長による119番通報訓練の様子

    Photo_2       住民による初期消火訓練の様子

    Photo_3        消防団による放水訓練の様子

    Photo_4         西角間区長あいさつ

    Photo_5        消防団長による訓練講評

     昭和24年1月26日に、奈良県の法隆寺金堂で火災が発生し、世界的な至宝といわれた金堂壁画が焼損したことから、火災から文化財を守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的として、1月26日を「文化財防火デー」と定め、全国の消防署で消防訓練や立入検査等が行われています。

  • 第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。(中消防署・越前市消防団)

     南越消防組合中消防署及び越前市消防団は平成30年1月21日(日曜日)午前8時50分頃から、越前市春日野町18-5 盛景寺付近一帯において第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。文化財防火デーは、昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、金堂壁画の大半が焼損したことから、このような火災から文化財を守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、1月26日を「文化財防火デー」と定めて、防火運動を全国的に展開しています。

     消防訓練は、盛景寺本堂への落雷により火災が発生し、本堂内に安置されている文化財の焼失及び隣接する建物へ延焼拡大する恐れがあるものと想定し行いました。

     盛景寺境内にいた住職が火災を発見し、消防署に通報した後、区長に火災の連絡を行い、火災の連絡を受けた区長は、地元春日野町自警消防隊への出場要請及び春日野町民に初期消火を指示しました。その後、春日野町民による消火器を使用した初期消火訓練、春日野自警消防隊、消防署員及び消防団員による火災防ぎょ訓練が実施されました。また、本堂内には越前市指定文化財の昌庵恔丰坐像1躯が安置されており、文化財に模した坐像は本堂内に進入した消防署員によって本堂から無事に運び出され、住職に引き渡されました。

     今回の訓練によって、地元自警消防隊員、消防職団員が一体となり、火災防ぎょ技術の練磨及び地域住民の文化財愛護思想の高揚を図ることができました。

         

    Photo_19

          住職からの119番通報

    Photo_21      住民による初期消火訓練

    Photo_22  春日野町自警消防隊による火災防ぎょ訓練

    Photo_26

             文化財搬出

    Photo_23     中消防署員による火災防ぎょ訓練

    Photo_24越前市消防団王子保分団員による火災防ぎょ訓練

    Photo_25

     越前市消防団南分団員による火災防ぎょ訓練

    Photo_27       式典(住職あいさつ)

    Photo_28       式典(区長あいさつ)

  • 第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。(東消防署・越前市消防団)

     南越消防組合東消防署及び越前市消防団は平成30年1月21日(日曜日)午前8時30分から、越前市野岡町1-1 白山神社付近一帯において第64回文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

     訓練は、白山神社参集殿に落雷して火災が発生し、折からの風により白山神社境内にある薬師神社に延焼拡大する恐れがあるものと想定し行いました。

     まず警備警戒中であった南中山分団が火災を発見し、消防署に通報した後、区長に火災の連絡を行い、火災の連絡を受けた区長は、地元野岡町自警消防隊及び野岡町民に初期消火を指示しました。その後、野岡町自警消防隊及び野岡町民による初期消火訓練、消防署員及び消防団員による火災防ぎょ訓練を実施しました。また、白山神社境内にある薬師神社には、歴史ある薬師如来立像が安置されており、立像を火災から守るため消防署員により運び出しを行い、区長に引き渡しました。

     当日は、参加者全員が連携し、安全、確実、迅速な消火活動が行われ、消火技術の向上及び文化財等の愛護精神と防火意識の高揚を図ることができました。

    Photo_5

    【野岡町自警消防隊による初期消火訓練】

    Photo_6

    【消防団による火災防ぎょ訓練】

    Photo_8【消防隊による火災防ぎょ訓練】

    Photo_9【消防隊による薬師如来立像の搬出】

     

     訓練終了後は式典が開催され、野岡町区長及び越前市教育委員会教育長からご挨拶をいただき、越前市消防団長による訓示、東消防署長による講評が行われました。

    Photo_10【野岡町区長挨拶】

    Photo_13

    【教育長挨拶】

    Photo_12【消防団長訓示】

    Photo_14【消防署長講評】

     また、式典終了後に野岡町民を対象に消火器取り扱い訓練を実施しました。

    Photo_15

    【署員による消火器取り扱い説明】

    Photo_17【野岡町民による消火器取り扱い訓練】

  • 「文化財防火デー」に伴う立入検査を実施中です!【中消防署】

    1月26日の「文化財防火デー」に伴い寺院等の立入検査を実施しています。

    今回の立入検査では、中消防署予防指導課と越前市役所文化課と合同で、文化財を保有している寺院、神社等の消防用設備等の維持管理状況や、防火管理状況等を検査しています。

    大切な文化財を火災から守るため、寺院の管理者に防火意識の高揚を図って頂きます。

    Dscn1590

    【寺院内の防火管理状況を確認】

    Dscn1588

    【自動火災警報設備の作動状況を確認】

    Dscn1579

    【本殿の防火管理状況を確認】

    Dscn1571

    【寺院の周囲の防火管理状況を確認】

  • 1月26日は『文化財防火デー』です!

    毎年1月26日は『文化財防火デー』とされています。

    昭和24年1月26日に、日本最古の壁画が描かれた法隆寺金堂が火災により焼損し、その後も貴重な文化財の火災が相次いだことから、昭和30年に『文化財防火デー』と定められました。

    全国でこの日を中心に、文化財防火運動が展開され、南越消防組合においても文化財を保有する寺院や神社等の立入検査や消防訓練を実施します!

    ☆消防訓練の実施について

     大切な文化財を火災から守るため、次のとおり寺院、神社等で訓練を実施予定ですので、住民の皆さまも是非見学に来てくださいね!

    【中消防署】

     日時:1月21日(日)9時~

     場所:越前市春日野町18-5 盛景寺

    【東消防署】

    Lgi01a201401010100_3

     日時:1月21日(日)9時~

     場所:越前市野岡町1-1 白山神社

    【東消防署池田分署】

     日時:1月21日(日)9時~

     場所:池田町西角間34-18 八幡神社

    【南消防署・南消防署河野分署】

     日時:1月21日(日)9時~

     場所:南越前町牧谷54-29 浄福寺

                                             

    また、大切な文化財を守るために防火対策についてのお願いがあります。

    ◎地域ぐるみで文化財の防火体制を整備し、夜間警備などの対策をしましょう。

    ◎文化財及び文化財を収容する建物の周辺での喫煙やたき火はやめましょう。

    ◎消防、防災設備などの点検整備をしましょう。

    ◎文化財周辺に燃えやすいものは置かないようにしましょう。

     また、不審な人物を見かけたら、警察や消防に連絡しましょう。

    以上のことを守り、大切な文化財をみんなで守りましょう!!

  • 南越前町消防出初式を挙行しました。

    南越前町消防出初式

     平成30年の新春を迎え、消防職・団員の士気の高揚を図り、消防に対する住民の信頼と理解を深めるため、1月8日(月曜日)午前9時から南条文化会館にて南越前町消防出初式を挙行しました。


    【式典】

     南消防署長以下20名の消防職員と南越前消防団長以下120名の消防団員が参加し、南越消防音楽隊による演奏を皮切りに、観閲や表彰伝達等が執り行われました。

    Shikiten

    Onngakutai

                 ≪式典風景≫                                     ≪音楽隊演奏≫


    HyousyouTyoutyoukunzi

               ≪表彰伝達≫                                        ≪副管理者告辞≫


    【一斉放水】

     式典終了後は会場を屋外に移し、南消防署の消防車両3台と南越前消防団の車両11台が一斉放水を行い、今年の無火災を祈願しました。

    Isseihousui

    平成29年度全国統一防火標語

    「火の用心 ことばを形に 習慣に」

     

  • 平成30年越前市消防出初式を開催しました!

     1月7日(日曜日)越前市AW-Iスポーツアリーナ付近一帯において越前市消防出初式を開催しました。

     総勢約500名の消防職団員が参加し、観閲や分列行進、一斉放水などで士気を高揚し、今年一年の安心安全を祈願し、防火への決意を新たにしました。

    Dsc_8729           ≪観閲≫

    Dsc_8743          ≪分列行進≫

    Dsc_8754          ≪一斉放水≫

     式典の始めに、昨年11月17日に第19回県民の消防士を受賞した、南越消防音楽隊の演奏が披露されました。 Dsc_8757         ≪消防音楽隊演奏≫

     式典では、各種表彰や管理者告示、来賓の方々からのご祝辞を賜り、厳粛な雰囲気の中、式を終えました。Dsc_8776         ≪管理者告示≫

    Dsc_8783         ≪消防団長訓示≫

     今年も多くの市民の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。安全安心なまちづくりに向けて、消防職団員一同全力で取り組んでいく決意でございますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。           

     

  •  平成30年池田町消防出初式を開催しました!

     池田町消防出初式 

     平成30年の新春を迎え、消防職・団員の士気の高揚を図り、消防に対する住民の信頼と理解を深めるため、1月8日(月曜日)14時から池田町 能楽の里文化交流会館にて池田町消防出初式が挙行されました。


    【式典】

     東消防署長及び池田分署長以下9名の消防職員と、池田消防団団長以下40名の消防団員が参加し、観閲や表彰伝達等が行われました。

    Photo          ≪式典風景≫  

    Photo_8           ≪観閲≫ 

    Photo_2        ≪退職団員感謝状≫ 

    Photo_6          ≪消防団長表彰≫

    Photo_7  ≪南越消防組合副管理者(杉本池田町長)告示≫

    Photo_11

         ≪池田消防団 山腰団長訓示≫

    001

        ≪池田町議会 佐野議長祝辞≫

    Photo_10      ≪福井県議会 関議員祝辞≫        

           

          


    【一斉放水】

     式典後は屋外へ移動し、池田分署の消防車2台及び池田消防団の消防団車4台による一斉放水を実施し、今年の無火災を祈念しました。

    Photo_9          ≪一斉放水≫


    Photo_7          ≪閉式の辞≫

    今後も、池田消防団は地域のより安全で安心な町づくりを目指し、消防団活動に努めてまいります!!

    全国統一防火標語

    「火の用心 ことばを形に 習慣に」

     

  • 平成29年度 年末特別警戒に伴う激励式を実施しました【池田消防団】

     池田消防団では年末特別警戒を実施するにあたり、団員の士気高揚を図るため、池田町長、池田町議会議長の激励を受けました。

    Photo

       山腰団長以下29名の団員が集結

    Photo_2

        前田副団長の出動人員報告

    Photo_3

           山腰団長訓示

    Photo_4

    池田町 杉本博文町長から激励の言葉をいただきました

    Photo_5

    池田町議会 佐野和彦議長から激励の言葉をいただきました

    Photo_6

    激励を受けた消防団員は、町民の防火・防災意識の更なる向上のため年末警戒に出発しました。

    平成29年 火災件数:  0件(12月27日 現在)

          救急件数:127件(12月27日 現在)

                       【火の用心  ことばを形に  習慣に】

  • 平成29年度 越前市消防団年末特別警戒実施に伴う管理者、越前市議会議長激励式を実施

     平成29年12月21日(木曜日)午後7時30分から、中消防署において越前市消防団年末特別警戒実施に伴う南越消防組合管理者及び越前市議会議長激励式を実施しました。

     年末は火気を使用する機会が多くなり、火災発生の危険が高くなる時季を迎えることから、消防警戒態勢を強化するために実施する越前市消防団年末特別警戒に対し消防団員の更なる士気の高揚を図るため、南越消防組合管理者(越前市長)及び越前市議会議長激励式を実施しました。

    Dscn1307

    【管理者激励のことば】

    Dscn1320

    【越前市議会議長激励のことば】

    Dscn1343

    【出発式】

     各地区の消防団は、激励を受け市内17地区の警戒に向けて出発しました。

    【南越消防組合 年末特別警戒】

      第一次警戒:平成29年12月21日~27日

      第二次警戒:平成29年12月28日~31日

  • 大掃除で火災予防対策!!

    早いものであと残りわずかで今年も終わろうとしています。

    年末といえば、大掃除!

    今回は、大掃除でできる火災予防対策についてみていきたいと思います。

    火災の出火原因の主な原因として、「電気」「コンロ」「たばこ」「放火」の4つがあげられます。

    その他にも様々な原因がありますが、今回はこの4つに絞ってみていきましょう!


    「電気関係」

    プラグをコンセントに長期間さしたままにしていると、ほこりや湿気がたまりトラッキング現象(コンセントとプラグの隙間にほこりがたまり、そのほこりが空気中の湿気を吸収することで通電し発火する現象)を起こしやすくなります。

    →プラグを抜いて乾いたものでほこりを取り除きましょう。

    →たこ足配線を行っていないか確認しましょう。

    「コンロ関係」

    グリルを掃除せずに使用していたため、グリルに付着した油汚れに着火したり、コンロ周りにあった可燃物に着火したりします。

    →グリルの中はしっかり掃除し、汚れを取り除きましょう。

    →コンロ周りには可燃物を置かず、常に整理整頓を心掛けましょう。

    「たばこ関係」

    灰皿にたまっていた吸い殻をそのままゴミ箱に捨てると、まだ熱を持っているたばこから可燃物に着火します。他にも、たばこを吸っている最中に火種がカーペットの上に落ち、そこから延焼する恐れもあります。

    →灰皿にたまった吸い殻は、水をかけ、火種が残っていないことを確認してから捨てましょう。

    →カーペットやカーテンなどは、延焼防止のために防炎品にしましょう。

    「放火関係」

    家の周りに置いてある可燃物や危険物に火をつけられる恐れがあります。

    →放火の元になる家の周りのゴミや可燃物を取り除き、危険物も人の目に触れないところに置きましょう。


    上記に記載したものは、みなさんのちょっとした心がけ一つで防げる火災です。

    この年末の大掃除の機会に防げる火災を防ぎましょう!!

    35_syota_2

  • 日本消防協会から防災活動車が寄贈されました


    日本消防協会から防災活動車が寄贈されました

    このたび公益財団法人日本消防協会から南越前消防団に対して、防災活動車が寄贈されました。

    この車両は、南越前消防団の日頃の防火・防災活動が高く評価されたため寄贈を受けたもので、災害時には緊急車両として人員輸送や消火・救助資器材の搬送に、平常時は防火・防災の広報等に幅広く活用できます。 

    12月6日(水曜日)には南越前町長に車両寄贈の報告を行いました。

    町長からは「この車両を有効に活用し、住民の更なる防火意識の向上に努めてほしい」とのお言葉をいただきました。

    南越前消防団は、この車両を有効に活用し、管内の総合的な防災力の向上に努めていきます。

    Derika_mae_3Derika_migi_2

    Tyoutyou_ohirome1_3Tyoutyou_ohirome2_8

    平成29年度全国統一防火標語

    「 火の用心 ことばを形に 習慣に 」

  • 平成29年度第1回警防活動技術錬成会を実施しました。

     11月28日(火曜日)に南越消防組合中消防署訓練場で平成29年度第1回警防活動技術錬成会(火災防ぎょ活動)を実施しました。この錬成会は、各種警防活動の技術の向上を目的として毎年実施しているもので、今年は「木造2階建て住宅からの出火」を想定し、各消防署から集まった消防車両5台と署員19名で、逃げ遅れ者の検索及び救出、消火活動等の訓練を実施しました。

    Pb280051煙が充満した屋内に、空気呼吸器を着装した隊員が進入。

    P1160078濃煙状態の建物内で検索活動。

    P1160086建物内から逃げ遅れ者(訓練人形)を救出。

    Pb280063はしごを使用して隊員が2階に進入。

    Pb280100現場指揮本部では情報収集、現場状況の把握、危険情報の周知等を実施。

  • 消防無線通信訓練を実施しました

    南越消防組合では11月20日と21日の2日間、可搬型衛星地球局(VSAT)装置と可搬アンテナポールの無線通信訓練を実施しました。

    【可搬型衛星地球局(VSAT)装置】

    この装置は、人工衛星を介して通信を行うことで災害時に直接電波が届かない場所からでも消防本部と通信を可能にする無線機です。
    緊急消防援助隊の装備品にもなっており、被災地の状況や消防隊活動の連絡を映像や音声で消防本部に行うことができます。

    20171121_102017_2

    • 平面アンテナで人工衛星と電波のやりとりを行います。ビデオカメラで撮影した映像も通信可能です。

    20171121_095548

    • ビデオカメラの映像はパソコンで処理し人工衛星に送ります。

    20171121_095254_2

    • 衛星電話や衛星FAXの利用も可能です。

    【可搬アンテナポール】

    このアンテナポールは持ち運び可能です。災害現場で無線の電波が弱い場合に設置し、通信を行えるようにします。

    20171121_101800

    • アンテナを高く設置することで電波を遠くに飛ばすと共に、弱い電波でも受信できるようにします。

    20171121_093055

    • 無線感度が高いアンテナを利用します。

    南越消防組合では災害時の通信を円滑に行うため、定期的に通信訓練を実施しています。

  • 消防音楽隊が第19回「県民の消防士」を受賞しました

     南越消防組合消防音楽隊が第19回「県民の消防士」を受賞し、11月17日 金曜日、福井テレビ表彰のつどいが開催されました。

     P1050883_4

        「県民の消防士」受賞者(向かって左側が音楽隊長です)

    P21050887_3

           越前市副市長から記念品を受け取る音楽隊長

    P1050900_3

           南越消防組合職員(出席者)で記念撮影 

  • 秋季警防訓練を実施しました(中消防署・越前市消防団)

     南越消防組合中消防署・越前市消防団では、11月9日(木曜日)から始まる秋季全国火災予防運動の一環として、11月11日(土曜日)に株式会社コープ武生 コープ平出店付近一帯で秋季警防訓練を実施しました。

     防火意識の高揚を図ることを目的として警防訓練が実施され、コープ平出店様のご協力のもと、施設関係者による初期消火活動や119番通報、避難誘導方法などを再確認しました。消防職・団員及び自衛消防隊が一体となった火災防ぎょ訓練を行うことができました

    P1150955

    【施設関係者による初期消火訓練】

    P1150974

    【消防隊による人命検索と消火活動】

    P1150978

    【地元消防団による消火活動】

    P1150993_2

    【消火活動の様子】

    P1150998

    【訓練後の式典】

     これからの季節、暖房器具などを使用する機会が増えます。火の取り扱い、火の始末には十分お気をつけください。

     平成29年度全国統一防火標語

    『火の用心 ことばを形に 習慣に』

.